日本では、車を所有している人が年々減少してきています。それは、車を維持するのにお金がかかることと、車を購入する時にもお金がかかるからです。高度成長期やバブルの時期であれば車を所有することは何ら問題はありませんでした。今では考えられませんが、1980年代から1990年代前半の頃は大学生でも車を所有していることが多かったのです。ですが、現代においても車を必要とする場面は多くなっています。旅行や引っ越し、日常の買い物などがこれにあたるでしょう。このような状況にある場合には、無理して車を購入するよりも、レンタカーを借りた方がよいでしょう。ですが、初めて車を借りる場合には、どのような手順で行ったらいいか分からないのではないでしょうか。そこで車の借り方を説明していきます。

車の借り方についての基礎知識とは、

レンタカーを借りる場合、必ず必要になるのは運転免許証になります。つまり運転免許証を持っていなければ車に乗ることができないです。これを当たり前のことですが、とても重要なことです。レンタカーを借りる際には、運転免許証を提示しますので、忘れないようにしましょう。それ以外は特に申し込み時に必要な書類はありません。費用に関しては前払いのところもありますが、後払いの場合もありますのでお金を持っていくのを忘れないようにしましょう。あとは鍵をもらい、車のまわりを点検します。点検については傷がないかどうかの点検をするだけです。係員の人が一緒に点検をしてくれますので、車の傷がある場合は遠慮なく申し出ましょう。車を返却する際にその傷のせいで、弁償しなければならないこともあり得るからです。

どのような車を借りるかをチェック

車を借りる前には、どのような車を借りるかを考えなければなりません。できるだけ大きな車がいいかもしれませんが、その分費用がかかってしまいます。費用の目安としては8時間借りる場合はコンパクトカーで4000円前後、大型のミニバンで7000円前後かかります。思い切って外車などを借りてもいいですが、1万円以上かかってしまうので、予算には気をつけましょう。どのレベルの車を借りるかについては、何を目的にレンタルするかによって変わってきます。旅行へ行く場合であれば4人ぐらいならコンパクトカーで十分です。もし荷物が多くなりそうであればもうワンランク上の車を借りた方がよいかもしれません。買い物に行く場合は軽自動車でも十分です。少し荷物が増えるようであればコンパクトカーを選びましょう。