日本ではレンタカーサービスが、広まっています。レンタカーサービスの特徴は、安く借りることができることではないでしょうか。また数も豊富にそろっていますので、必要な時に必要な台数だけ借りることができます。個人で借りる場合は一台だけですが、その場合でも自分が借りたいグレードの自動車や、特定の車種を選ぶことも可能です。実際に車をレンタルする場面になると、いろいろなものをそろえなければいけません。もちろんどのような目的で車を借りるかにもよりますが、基本的に準備をしておかなければならないものもあります。例えば免許証などがこれにあたります。車を乗るので免許証が必要なのは当たり前ですが、借りる時には必ず必要です。ではそれ以外で注意をすることはなんでしょうか。

補償内容を事前に確認しておくこと

カーレンタルで車を借りる場合に意外と重要なのは、補償内容を確認しておくことです。レンタカーを借りた場合は、普段と違う車にのるわけですので、操縦に慣れていない可能性もあります。操縦に慣れていない場合は、やはり危険が伴うものです。普段と同じタイミングでブレーキを踏んでも、重たい車であればブレーキの利きが悪いこともあります。その他さまざまな理由でアクシデントを起こしてしまう可能性があるのではないでしょうか。アクシデントを起こした時に重要なのは、どのような補償内容になっているかです。例えば人を引いてしまった場合にはどこまで保証されるのか、車が大破してしまった場合にはどこまで自分が免責されるのかという点についてよく調べておきましょう。いざという時の備えが重要なのです。

営業時間について確認をしておく

カーレンタルをする場合、カーレンタルの会社によって営業時間は異なってきます。基本的には朝の8時から夜の8時までを営業時間としているところが多くなっていますが、最近は24時間車を貸してくれるところも少なくありません。営業時間がなぜ重要かといえば、返却するときの時間に遅れてしまう場合があるからです。24時間はあいている所であれば、時間に遅れても延滞料金が発生するだけで車を返すことは可能になりますが、夜の8時にしまっているカーレンタルの会社の場合だと8時を過ぎてしまえば車を返却することができず、翌日の朝の8時まで待たなければならないのです。このように、営業時間によって車を返却することができる時間が変わってきますので、借りる前には必ず注意をしましょう。